COURSE - 深堀プロの名物コース

プロゴルファー深堀氏が語る、
「登別カントリー倶楽部」

北海道らしい雄大な自然美と造形美を兼ね備えたコースです。
原始林と大渓谷、壮大な景観を背に存分に、
ベント芝コースとスピード感あふれるグリーンをお楽しみください。

深堀 圭一郎 / Keiichiro Fukabori

[所属]
フォーラムエンジニアリング
[生年月日]
1968年10月9日
[身長/体重]
173cm / 68kg
[血液型]
A型
[出身地]
東京都
[学校]
明治大学 卒業
[得意クラブ]
アイアン
[主な戦歴]
2003年日本オープンゴルフ選手権競技 優勝
(含む ツアー通算8勝)
写真:深堀 圭一郎プロ

深堀プロ いち押しコース 1

OUT COURSE 5HOLE | PAR.5

B.T R.T F.T L.T
605 548 503 428

写真:深堀 圭一郎プロ

ハンディキャップ1のコースです。ティショットが上手く打てれば2オンチャンスもあります。しかし2打目地点は左足下がりのライが残るので、ボールを上手く上げて打つことができれば果敢に池越え2オンを狙うのもいいでしょう!自信のない方は池の手前にレイアップして3オン狙いがベストでしょう。レイアップの際も左OBが浅いのでご注意ください。
グリーンは縦長の3段グリーンピンの位置によっては30y位のパターが残ります。3打目の距離感が大事です。

深堀プロ いち押しコース 2

IN COURSE 15HOLE | PAR.3

B.T R.T F.T L.T
202 187 165 125

写真:深堀 圭一郎プロ

自然林にセパレーツされた名物ホールの一つです。見た目は池もあり美しいコースですが、距離もたっぷりありグリーンは受けているので1クラブ大きめが良いでしょう。グリーンは左からの2段グリーン、グリーン周りには左と右奥にバンカー、右は林、手前は池と難易度の高いホールです。

深堀プロ いち押しコース 3

IN COURSE 18HOLE | PAR.4

B.T R.T F.T L.T
412 369 369 369

写真:深堀 圭一郎プロ

最終ホールです。右230y地点にバンカーがあります。入れてしまうとバンカーの奥の木が邪魔になりセカンドが打ちにくいので注意です。右側フェアウェイにレイアップという方法も。またグリーン左手前には大きな池があり、ティショットでドライバーを使用してフェアウェイにボールを置くことができれば池もあまり気にならずショートアイアンでショット出来るでしょう。しかし左に行ってしまうと2打目は池越えのショットが残ります。グリーンは全体的に左手前から右奥に速いので注意しましょう。

PAGE TOP